/

横浜みなと博物館、入館者400万人突破

横浜・みなとみらい(MM)21地区にある横浜みなと博物館の入館者数が14日に400万人を超えた。前身の横浜マリタイムミュージアムからの通算数。200万人から300万人まではリニューアルに伴う休館期間を含めて10年かかったが、400万人までの100万人は8年程度で達成した。

入館者400万人達成を祝うセレモニーを実施した

同館はみなとみらいに係留している帆船日本丸に隣接しており、横浜港をテーマに資料や模型などを展示している。新型コロナウイルスで一時臨時休館し、現在も時短営業を続けている。青木治館長は400万人突破に「コロナ禍で想定より時間がかかったが、感慨深い」とコメントしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン