/

この記事は会員限定です

豊洲市場 変わる水産卸

東都水産・九州異業種と物流改革 中央魚類・ネット通販強化

[有料会員限定]

豊洲市場の大手水産卸が変革に動き始めた。東都水産は九州の複合企業、麻生(福岡県飯塚市)子会社が実施するTOB(株式公開買い付け)に賛同し、資本業務提携を結んだ。中央魚類はECサイト運営会社と組み、個人向け通販に乗り出す。卸売市場法改正や新型コロナウイルス禍など環境が激変するなか、時代に合った卸の機能を探り、生き残りを目指す。

「安定した株主のもと、自由に成長戦略を描くことができる。豊洲でナンバーワンになる」。東水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン