/

丸紅、モンゴル拠点のフィンテック企業に出資

電子マネーや少額融資のアプリを手掛ける(アンドグローバル社のホームページ)

丸紅は17日、モンゴルで電子マネーを展開するフィンテック企業、アンドグローバル(シンガポール)に出資すると発表した。同社はモンゴルの首都ウランバートルに開発拠点を置く。丸紅は海外進出を支援するほか、消費者向けの金融サービスを強化する。

アンドグローバルは丸紅からの出資を含め、総額1030万ドル(約10億8千万円)の新規調達を行う。各社の出資額は非公表だが、丸紅が筆頭株主となる。同社はアプリを通じて電子マネーや少額融資サービスを手掛ける。電子マネーの決済アプリの利用者数は約43万人で、モンゴルの人口の1割超を占める。

個人の与信力を人工知能(AI)でスコアリングする独自技術を強みとする。モンゴルは海外留学組を中心にテック人材の育成をすすめており、同社はフィンテック分野を代表するスタートアップだ。丸紅は4月の戦略提携を経て、技術力や将来性から出資を決めた。今後は中間層が拡大する東南アジアでのアプリ展開や、銀行へのシステム提供を支援する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン