/

この記事は会員限定です

信越の上場企業、4割が上方修正 21年3月期

[有料会員限定]

信越の上場企業の業績が改善しつつある。2021年3月期見通しの最終損益を従来予想から引き上げた企業は4割にのぼった。コロナ禍の「巣ごもり需要」で業績を伸ばしたスーパーなどの小売業や、在宅勤務の広がりを背景に引き合いが増えた電子機器関連の業種で収益が上向いた。

新潟、長野両県の3月期決算の上場企業47社を集計した。金融機関や上場廃止となった日信工業、通期見通しを開示していないKOAは除いた。4~9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン