/

大卒内定率5年ぶり70%割れ 10月時点69.8%

文部科学、厚生労働両省は17日、来春卒業予定の大学生の10月1日時点の就職内定率が69.8%で、前年同期を7.0ポイント下回ったと発表した。この時期に70%を下回るのは5年ぶり。1996年の調査開始以来、リーマン・ショック直後の2009年調査(前年比7.4ポイント減)に次ぐ下げ幅となった。

近年は上昇傾向が続いていたが、新型コロナウイルスの影響を受けた業界を中心とした採用意欲の低下などが背景にあるとみられる。厚労省の担当者は「就職説明会が中止になるなど情報収集や相談の機会が減っている」と指摘している。

地域別では関東が74.4%と最も高かったが、前年から6.1ポイント減った。下げ幅がもっとも大きかったのは10.4ポイント減の中国・四国で59.7%。北海道・東北も10.3ポイント減の64.2%だった。

文理別では文系が68.7%(7.5ポイント減)、理系が74.5%(4.8ポイント減)と、文系の下げ幅が目立った。男女別でみると、男子は68.8%(7.3ポイント減)、女子は70.9%(6.7ポイント減)。

調査は全国の国公私立大62校の学生4770人を抽出して実施した。卒業後に就職を希望する学生のうち、既に就職先が決まった割合を内定率としている。就職希望率は0.8ポイント減り、79.2%だった。

新型コロナ感染拡大の影響で、採用人数を絞ったり、内定を取り消したりする業界もある。文科省など関係省庁は経済界に対し、コロナ下で卒業する学生を3年間新卒として扱うよう求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン