/

この記事は会員限定です

[FT]コロナとの共生は 休暇前も続く大学の試行錯誤

[有料会員限定]
Financial Times

米インディアナ大学に在籍する学生のクリスマス休暇は、今年は早くやってくる。学生たちは新型コロナウイルスの検査を受けてから感謝祭(11月26日)の休暇のために帰省し、年明けまでキャンパスに戻ることはない。

対面での授業は終了し、検査で陽性が確認された学生は家族や親戚にウイルスをうつさないよう学内で隔離される。マイケル・マクロビー学長は「カギとなるのは検査だ。大学の授業は次の学期まで完全にオンラインに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2755文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン