/

小学3年生がITパスポート試験合格 最年少記録更新

日経クロステック

情報処理推進機構(IPA)は16日、情報処理技術者試験の一区分である「ITパスポート試験(iパス)」の合格者を発表した。8歳の小学3年生が合格し、これまでの最年少記録である9歳を3年ぶりに更新したと発表した。

IPAはiパスを「IT(情報技術)を利活用するすべての社会人、これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験」と位置付ける。これまでの最年少合格者は2017年7月度に合格した2人の9歳(小学4年生)だった。iパスを開始した09年4月から20年10月までで12歳以下の応募者数は208人で、合格者数は44人という。

デジタルトランスフォーメーション(DX)に注目が集まるなか、iパスの応募者数は年々増加している。IPAはパソコンで出題・回答する「CBT方式」でiパスを通年で随時実施している。20年10月度は受験者数が約1万1900人、合格者数は約6900人、合格率は57.9%だった。

(日経クロステック/日経コンピュータ 中島募)

[日経クロステック 2020年11月16日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン