/

テスラ株、S&P500に採用へ 時間外で株価急伸

【シリコンバレー=白石武志】米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは16日、ナスダック上場の米テスラ株をS&P500種株価指数に新規採用すると発表した。上場投資信託(ETF)など株価指数に連動するパッシブ運用の資金が流れ込むとの期待が一段と高まり、16日の米国市場の時間外取引でテスラ株は終値を10%超上回って取引されている。

12月21日の取引開始前に採用銘柄を入れ替える際にテスラ株を追加する。テスラの16日終値ベースの時価総額は3868億ドル(約40兆4000億円)。米メディアによると新規に追加される企業としては過去最大規模で、すでにS&P500に採用されている銘柄と比べても10番目に大きい水準となる。

銘柄入れ替えの規模が大きくなることから、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは基準日にテスラ株を1度に追加するか、2回に分けて追加するかを検討しているという。テスラの採用に伴って除外する銘柄は別途発表するとしている。

S&P500は米国に拠点を置き、ニューヨーク証券取引所(NYSE)やナスダックなどに上場している代表的な500銘柄を選び指数化している。82億ドル以上の時価総額があり、4四半期連続で利益を計上していることなどが採用の条件となる。テスラは電気自動車(EV)の量産が軌道にのり、10月21日に発表した2020年7~9月期決算では5四半期連続の最終黒字を計上していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン