/

日経平均、一時2万6000円台 29年ぶり

17日の東京株式市場で日経平均株価が前日比100円を超えて上昇し、一時、2万6000円台を付けた。2万6000円台の回復は終値ベースで1991年5月以来29年ぶり。米製薬モデルナが新型コロナウイルスワクチンの最終治験で高い有効性を得たと発表し、経済の正常化への期待が高まった。前日の米株式相場で、ダウ工業株30種平均が2月に付けた史上最高値を更新したことも追い風になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン