/

この記事は会員限定です

JOGMEC細野理事長に聞く 脱炭素時代の資源戦略

[有料会員限定]

菅義偉首相が2050年に温暖化ガスの排出を実質ゼロにする目標を表明した。脱炭素時代に石油や天然ガスなど化石燃料の役割はどう変わるのか。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の細野哲弘理事長に聞いた。

――足元の原油需給をどう見ていますか。

「コロナウイルスの感染拡大に伴う需要急減の影響は大きい。米原油市場の先物取引が4月に瞬時といえマイナス価格になったのはその象徴だ。コロナ禍は収束が見えず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン