/

この記事は会員限定です

若手が続々ツアーで活躍 低くなるプロ・アマの垣根

プロゴルファー 藤田寛之

[有料会員限定]

20歳前後の若手の活躍は米欧ツアーでも同じ。世界的な傾向といえる。米国の大学には各国から優秀な選手が集まり、自前のゴルフ場や奨学金など環境やサポート体制が抜群だから、強くなって当然だろう。

国内女子ツアーでは「黄金」「プラチナ」と称される世代の選手が続々優勝を飾っている。古江彩佳さんや西村優菜さんは、昨年まで日本ゴルフ協会(JGA)ナショナルチームのユニホームを着ていたのに。アマとプロの垣根はずい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン