/

翔猿、大関の心理読み切る 殊勲のはたき込み

「全勝の大関だったので、一発食ってやろう」。その野心を成就させた翔猿の表情は気迫に満ち満ちていた。先場所、ダークホースとして場所を沸かせた男が一人大関に土をつけ、波乱を巻き起こした。

翔猿(左)にはたき込みで敗れる貴景勝

貴景勝は今場所、鋭い出足で立ち合いから相手を圧倒していた。それがこの日は違っていた。土俵下の錦戸審判長(元関脇水戸泉)は「立ち合いで踏み込めていない。踏み込んで突き放せばいいのに見ちゃっている」と指摘する。白星が伸びていない小兵が何をしてくるかわからず、慎重になりすぎたのだろう。

翔猿は大関の心理を見抜いていた。「変化を読んでいるだろう」。案の定、相手の出足は鈍い。まっすぐ当たって互角の押し合いに持ち込み、相手の上体が浮いた瞬間にはたき込んで一丁上がり。「夢みたいだ」と声を上ずらせた。

新入幕だった先場所は11勝で優勝争いに絡み、敢闘賞と大活躍。だが、自己最高位の西前頭4枚目で挑む今場所はここまで3勝6敗と苦戦する。注目も増えて重圧もあるのだろうか、「全然体は動かないですけど、ここから切り替えていきたい」。巻き返しを期す小兵の番狂わせで、後半戦の土俵がさらに混沌としてきた。(田原悠太郎)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン