/

この記事は会員限定です

通常国会、くすぶる1月前半召集案 首相、解散の選択肢増

[有料会員限定]

政府・与党で2021年の通常国会の召集日を来年1月前半にする案がくすぶっている。同年10月までに実施する衆院選に連動し、1月中を含めた解散時期の選択肢が広がる。菅義偉首相が解散のフリーハンドを確保できる国会召集のタイミングを探る。

自民党の二階俊博幹事長は16日の記者会見で、召集時期について「政府から特に聞いていない。近く考えをまとめて対応する」と述べた。

13日のBSフジ番組では通常国会冒頭での...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン