/

この記事は会員限定です

米軍駐留経費、新政権と折衝案 日本、年内先送りも選択肢

大統領選、バイデン氏の当選確実で

(更新) [有料会員限定]

2021年度からの在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)を巡る両政府間の交渉が始まった。米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領は来年1月の正式就任に向けて政権移行を進める。日本側には新政権発足後に折衝し合意する案も浮上する。

トランプ政権下での年内の合意を目指しているものの、負担増を迫られて着地点が見いだしにくい。次善の策を準備すべきだとの声がある。

茂木敏充外相は16日、都内の日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン