/

この記事は会員限定です

原発議論欠く「50年脱炭素」 発電バランス重視、限界も

[有料会員限定]

菅義偉首相が2050年の「脱炭素」を宣言、エネルギー需給構造の大変革がこれから始まる。ガソリン車の大幅な削減と、石炭など化石燃料による発電の思い切った縮小は避けられないだろう。議論が分かれるのは原子力発電の扱いだ。

中国も9月に習近平(シー・ジンピン)国家主席が60年の脱炭素を表明した。具体的な方策は、第14次5カ年計画(21~25年)で示されるだろうが、中国の研究機関が公表した脱炭素シナリオが推...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン