/

超党派の生殖医療法案、官房長官「国会の議論見守る」

加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、第三者が提供した卵子や精子を使った生殖補助医療で生まれた子どもの親子関係を明確にする民法特例法案に関し「国会の議論を見守りたい」と語った。超党派の議員が同日、議員立法として参院に共同提出した。

生殖補助医療について「子どもの出自を知る権利を認めるかなど、さまざまな意見や議論がある。個人の生命倫理や家族観に関わる難しい問題だ」と指摘。政府としては、不妊治療の保険適用に向け、実現までの間の助成拡充を早急に検討するとした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン