/

千葉・香取市、佐原に創業支援拠点 地元信金が寄贈

千葉県香取市は16日、創業を目指す人にスペースを貸し出すチャレンジショップを佐原地区に開業した。第1弾として、地元産食材を使ったカフェレストランと革・布製品販売店が出店する。宇井成一市長は記念式典で「地域の商業を担う人材育成に取り組んでいく」と述べた。

伝統的な建築様式を取り入れ、街並みに調和する外観にした

観光名所の小野川沿いに近いチャレンジショップは木造平屋建て。歴史的な街並みに調和するよう、伝統的な寄せ棟造りの外観に仕上げた。佐原信用金庫が支店の跡地に建設し、市に寄贈した。敷地内には信金の相談窓口も併設し、創業に向けた相談や創業後のフォローを手がける。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された「佐原の大祭」の山車を保管する蔵も設けた。佐原信金の小森哲理事長は「この施設が街のにぎわいを創出し、新たな発展のシンボルになってほしい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン