/

この記事は会員限定です

未利用木材でエネルギー地産地消の住宅 宮城・鳴子

[有料会員限定]

宮城県大崎市の温泉地、鳴子にエネルギーの地産地消を目指す「サスティナヴィレッジ鳴子」が19日、本格稼働する。林業が盛んな県北部のバイオマス企業や林業の団体などが連携し、森林資源を有効活用した産業活性化を目指す。

鳴子の紅葉した山々を背景に真新しい木造建築が立ち並ぶ。3.3ヘクタールの敷地に全て県内産の材木を使った8戸分の集合住宅2棟と戸建て1棟が連なる。

サスティナヴィレッジ鳴子は木質バイオマス事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン