/

この記事は会員限定です

[社説]許されぬ香港民主派の排除

[有料会員限定]

香港の立法府が瀕死(ひんし)の状態に陥ろうとしている。長い年月をかけて培われた「高度の自治」の根幹は、香港政府が打ち出す政策のチェックを担う議会にある。一方的な民主派の排除は許されない。中国の国際公約である「一国二制度」の形骸化を招く強硬措置を深く憂慮する。

中国は香港議会の議員資格に関して唐突に新しい条件を設けた。「香港独立」の支持、外国勢力への支援要請など香港政府に「忠誠」を欠くと見なされる行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン