/

この記事は会員限定です

アサヒ「ドライ病」治せるか 成功体験のワナ

編集委員 中村直文

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、業績不振に陥る企業が相次いでいる。2020年度上期の決算をみても航空、旅行、化粧品、百貨店などの大手の最終赤字は数千億円、数百億円と厳しい。赤字ではないが、ビール最大手のアサヒビールも苦戦中だ。

外食需要の落ち込みが最大の理由だが、同社の場合、問題はそこではない。大企業病ならぬ、最強のビール「スーパードライ」を持つが故の大ブランド病に陥った印象だ。11月9日、塩沢賢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2069文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン