/

この記事は会員限定です

「ウォルマート商法」、米以外の先進国で通用せず

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

世界最大の小売業、米ウォルマートにはジンクスがある。

「米本国から遠くなればなるほど、ウォルマート傘下の小売業の業績は芳しくない」

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

ドイツや韓国からの撤退が相次いだ15年ほど前に社内で頻繁に用いられた。そして、ここ数年もそのジンクスが頭をもたげてきた。2018年のブラジル、20年の英国の撤退だ。どれも各国の商慣習や食文化、労働契約など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1796文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン