/

東京都世田谷区、無症状者のPCR検査 教職員も対象に

東京都世田谷区は新型コロナウイルスの感染防止対策の一環で取り組む無症状者へのPCR検査で、小中学校の教職員を検査対象に追加する。学童保育の職員らも含め約1万2500人に対し、11月下旬から検査を始める。

すでに同区は介護施設や保育所などの職員約2万6000人を対象に、無症状者への「社会的検査」を開始している。教員らの追加について、保坂展人区長は16日の記者会見で「子どもの家庭内感染など、学校関係もかなり感染事例が出ている」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン