/

この記事は会員限定です

流転の西友 米国流の効率経営、日本の消費者に届かず

[有料会員限定]

米ウォルマートが大半の西友株の売却に動いたのは、競争の激しい日本で自力での成長は難しいと判断したからだ。旧セゾングループの中核だった西友は経営危機で2002年にウォルマートが資本参加したが、安さと効率を前面に押し出す米国流の経営は最後まで日本の消費者に響かなかった。楽天でも離れた消費者を呼び戻すのは容易ではない。

「世界中(のスーパー)で強力な地域密着型のビジネスを作る流れがある。その中で株主構成を柔軟に考えた」。16日、日本経済新聞の取材に応じたウォルマート国際部門のジュディス・マッキーナ社長兼最高経営責任者(CEO)は、売却の狙いをこう語った。

「今後も調達などで西友とのつながりは続ける」と話すが、裏を返せば

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン