/

この記事は会員限定です

パナソニック、一時6%高 社内体制再編に期待

銘柄診断

[有料会員限定]

16日の東京株式市場でパナソニック株が一時、前週末比68円(6%)高の1116.5円まで上昇した。前週末に9年ぶりの社長交代と持ち株会社制への移行を発表。抜本的な構造改革が進み、長引く業績低迷を抜け出すとの期待から買いが膨らんだ。終値は51.5円(5%)高の1100円。売買高は前日の2.4倍に増えた。

常務執行役員の楠見雄規氏が2021年6月に社長に就く人事を13日に発表した。持ち株会社制では7つの社内カンパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン