/

この記事は会員限定です

リョービ静岡工場、大型車向けアルミ鋳造部品に強み

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

駿河湾に流れ込む富士川の河口近くにあるリョービ静岡工場(静岡市)。自動車のエンジンや変速機などの部品となるアルミダイカストを生産する同社の主力工場だ。

1962年に操業を開始した同工場は約9万平方メートルの敷地内に、北側から順にアルミニウム合金の溶解、鋳造、製品加工の各設備を備えた合計約3万6000平方メートルの工場建屋が並んでいる。

セ氏680度の高温で溶解したアルミ合金を「ひしゃく」のような入れ物でく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン