/

静岡県内の10月新車登録38.6%増 13カ月ぶり増

日本自動車販売協会連合会静岡県支部がまとめた10月の新車登録台数(軽自動車除く)は、前年同月比38.6%増の7894台だった。13カ月ぶりに前年実績を上回った。消費増税や天候不順の影響で落ち込んだ前年の反動が生じた。

増加幅は2012年7月(42.6%)以来の大きさ。内訳をみると、主力の乗用車は40.9%増の6998台、貨物車は24.6%増の776台だった。コロナ禍の影響は徐々に和らいでおり「来店客も回復基調にある」(同支部)。特種・特殊車は35台増の119台、バスは22台減の1台だった。

一方、静岡県軽自動車協会がまとめた10月の軽自動車販売台数(速報)も22.4%増の6662台と、13カ月ぶりのプラス。メーカー別では、シェア首位のスズキが8.6%増の2267台、2位のダイハツが25.8%増の2144台、3位のホンダが44.0%増の1273台だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン