/

自由貿易の維持・強化、首相がAPEC・G20で発信へ

菅義偉首相は16日の政府・与党連絡会議で、20日にオンラインで開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席すると表明した。「自由で公正な多角的自由貿易体制の維持・強化や、ポストコロナの国際秩序づくりなどの重要課題について日本の立場を主張する」と語った。

首相は21、22両日にオンラインで開く20カ国・地域(G20)首脳会議に出る意向もあわせて示した。APECはマレーシア、G20はサウジアラビアが議長国を務める。

加藤勝信官房長官は16日の記者会見でAPECとG20の首脳会議の目的に言及した。

APECに関して、コロナ後に向け「デジタル化やイノベーション、自由貿易の推進、連結性の強化の重要性について発信する」と述べた。

G20は「新型コロナウイルスへの対応や世界経済の回復、気候変動など地球規模の課題について議論する」と説明した。

「重要論点に関して議論を主導したい」とも強調した。具体的にはワクチンや治療薬の開発・生産・普及、国際的な人の移動の再開、グリーン社会の実現などを挙げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン