/

この記事は会員限定です

米10年債1.02%が焦点

市場点描 注目リポートから

[有料会員限定]

米10年物国債利回りについて野村証券の高田将成クロスアセット・ストラテジストが、買いを積み上げてきたCTAの損益分岐点を「1.02%」と推計したリポートを出して株式市場で話題になっている。高田氏は開示情報の限られるCTAの売買動向について、独自の試算モデルで分析する国内でも数少ない専門家だ。

米10年債は先週、連日で上昇(価格は下落)して、一時0.96%と心理的節目の1%に迫った。損益分岐点を超え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン