/

カプコン、不正アクセスで個人情報最大35万件流出

日本と米国の従業員や顧客の個人情報が最大35万件流出した可能性がある

カプコンは16日、サイバー犯罪集団による不正アクセスを受け日本と米国の従業員や顧客の個人情報が最大35万件流出した可能性があると発表した。同社は4日、サイバー攻撃でメールシステムの不具合など社内ネットワークが一時停止し、犯罪集団が不正に入手したデータを消す代わりに「身代金」を支払うよう要求されていた。ゲームの利用に支障はないとしている。11日時点では「現時点で顧客情報の流出はない」としていた。

16日に実際に流出したと発覚した個人情報は従業員らのパスポート情報などあわせて9件。このほかに日本の顧客問い合わせ窓口に登録された顧客の電話番号やメールアドレス、北米のeスポーツ運営サイトの会員情報、株主名簿情報などを含めて最大で約35万件流出した可能性があるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン