/

この記事は会員限定です

データ活用のマーケティング(3) 購買履歴の「見える化」

中央大学教授 生田目崇

[有料会員限定]

マーケティングにおけるデータ活用の転換点は、1980年代以降、小売業でPOS(販売時点情報管理)システムが普及したことでしょう。

会計処理の効率化や在庫管理を目的として導入されましたが、そこから得られるPOSデータで、レシートごと・商品アイテム単位の購買履歴が分析できます。売れ筋商品だけでなく、時間帯ごとの売れ行き、ある商品と一緒に購買される別の商品を見つけ出すことも可能になりました。

POSデー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン