/

この記事は会員限定です

債務調整の手法の柔軟化を 冨山和彦氏

経営共創基盤(IGPI)グループ会長

[有料会員限定]

コロナ禍の苦境を生き残るため、飲食、宿泊業をはじめとして非常に多くの中堅・中小企業が債務を急激に増やしている。政府も様々な資金繰り融資支援を実施し、倒産や失業の激増は回避できている。一方、多くの企業が事業収益力に比べ、過大な借金を背負うリスクも高まっている。

かつてバブル崩壊後の日本経済は、過大な借金が投資の停滞をもたらした。一層の企業収益力の低下と銀行の不良債権増加を招く「過剰債務のわな」にはま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン