/

この記事は会員限定です

スシロー、一皿「480円」の価格戦略で挑む増益

大阪経済部 丸山景子

[有料会員限定]

回転ずし大手、スシローグローバルホールディングスが一皿480円(税抜き)という新たな価格戦略を打ち出した。これまでも一皿100円という定番にこだわらず、価格を柔軟に見直して客単価を引き上げ、収益拡大につなげてきた。出だしは順調で、2021年9月期の連結純利益(国際会計基準)は前期比6割増の105億円と過去最高を目指す。

スシローは10月、新たなメニューを投入した。「とろ鉄火の高菜巻」「店内仕込の特大えびフライ」で、いずれも一皿48...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン