/

この記事は会員限定です

後発薬の普及8割時代 沢井製薬などの生き残り策は

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

医療費を抑制したい政府の後押しで急拡大してきた後発薬市場が転機を迎えている。後発薬の使用率は政府目標の80%に迫り、これ以上の市場拡大は見込みにくい。後発薬メーカー各社の海外展開は苦戦し、薬価改定など制度的な逆風も続く。各社は新薬開発やデータ分析などの新規事業に活路を求めはじめた。

「国頼み」での拡大は期待できず

政府は「2020年9月までに後発薬の使用割合を80%とする」と目標を掲げ、後発薬を使えば診療報酬が高まるなどの優遇策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1612文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン