/

不妊治療でアプリ「ルナルナ」と連携、福岡市

福岡市は16日、不妊治療に取り組む市民を支援するため、女性の体調管理アプリ「ルナルナ」を展開するエムティーアイと連携協定を結んだと発表した。アプリで基礎体温などを登録すると市の不妊専門相談センターとデータを共有し、センターを訪れなくても電話で具体的に相談できるようにする。

高島市長は不妊治療の環境づくりに積極的に取り組むと発表した(16日、福岡市)

国は少子化対策で不妊治療への保険適用を目指しており、福岡市も支援を積極化する。高島宗一郎市長は「誰でも気軽に相談できる環境を整えた」と強調した。データを元に体調面でアドバイスなどしやすくなるという。

エムティーアイはすでに産婦人科など医療機関と連携しているが、自治体と連携するのは初めてとなる。福岡市は民間に先駆けて不妊治療を受ける職員の休業制度を導入したり、勤務体制を見直したりするなど、不妊治療を受けやすい環境の整備に取り組んでいる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン