/

菅政権は「国民目線」 官房長官、発足2カ月で

加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、菅政権発足から同日で2カ月を迎えた感想を述べた。「国民目線で当たり前のことを当たり前にできるよう、スピード感をもって取り組んだ」と語った。

新型コロナウイルスの感染防止と経済再生の両立に引き続き当たる考えを強調した。優先課題として、デジタル庁設立や携帯電話料金の引き下げ、脱炭素社会の実現などを挙げた。

外交面でも各国首脳らと電話し、関係を構築していると説明した。「国民のために働く内閣として引き続き努力し、期待にこたえたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン