/

この記事は会員限定です

7~9月期GDPプラス、市場の見方

[有料会員限定]

2020年7~9月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率21.4%増と4期ぶりのプラス成長に転じた。市場関係者やエコノミストの見方を聞いた。

株、消費回復の継続で年内に2万6000円突破へ

阿部健児・大和証券チーフストラテジスト

7~9月期のGDP速報値は、個人消費や輸出の回復が確認できた良好な結果だった。政府の特別定額給付金などの財政出動が消費を支えている。足元の復調が続くカギとなるのは、政策効果が持続するかどうかだろう。「Go to トラベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン