/

この記事は会員限定です

富士フイルム、バイオ医薬成長へ 積極投資の継続カギ

証券部 江口 良輔

(更新) [有料会員限定]

富士フイルムホールディングスのバイオ医薬の製造・開発受託(CDMO)が収益の柱に育ちつつある。2011年の参入からM&A(合併・買収)を足掛かりに投資を重ねてきた。バイオCDMOを手掛ける企業への市場評価が世界的に高まりM&Aコストは膨らみやすくなっているなか、海外の競争相手に競り負けない積極投資の継続が今後の成長力を左右する。

「バイオCDMOの売上高は計画から1年前倒しで1000億円を達成する」。樋口昌之執行役員は10日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1814文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン