/

この記事は会員限定です

新潟の三条市大、初代学長のシャハリアル氏 実体験重視

多彩人財

[有料会員限定]

2021年4月に新潟県三条市で開校する三条市立大学。ものづくりに強い地域特性を生かすために100社以上の企業と連携。学生は企業の現場で技術などを学ぶ。構想段階から関わり、初代学長に就任予定のアハメド・シャハリアル氏は「実用化までのプロセスを知る技術者」の養成を目指す。

バングラデシュ出身のシャハリアル氏は幼少期に見た日本の技術者に憧れ、1988年に来日。拓殖大学工学部で血管の人工弁について学び、東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン