/

この記事は会員限定です

無限の可能性に出合う アール・ブリュットの魅力

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

「アール・ブリュット」という言葉をご存じだろうか。美術の専門教育を受けていない人が独自の発想・手法で生み出す芸術を意味するフランス語だ。「生(き)の芸術」と訳される。日本では障害者が主な担い手となる。東京パラリンピックを控えて関心が高まっており、ファッションなどへの活用も進む。伝統も流行も気にせず、ただつくりたいからつくられた作品は人の無限の可能性を示し、既存の価値観を揺さぶる。障害者の社会参加、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3661文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン