/

「貿易と投資の推進に期待」 RCEPで豊田自工会会長

日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は16日、日本や中国など15カ国が東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名したことを受け、「自動車業界にとって貿易・投資の自由化、知的財産権や投資の保護にかかわるルールが15カ国で共通化されたことは大変意義深い」とのコメントを発表した。

豊田会長は当初交渉に加わっていたインドが参加を見送ったことに関して、「今後、経済連携協定の下、インドを含めた広域でのサプライチェーン拡大・深化の促進」を要望。さらに「グローバルでの貿易と投資の自由化が一層推進されることを期待する」とした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン