/

この記事は会員限定です

高級食材、輸入が軒並み大幅減 宴会・式典需要が蒸発

[有料会員限定]

フランス料理などで使う高級食材の輸入量が大幅に落ち込んでいる。新型コロナウイルス禍で婚礼行事や宴会などの需要が蒸発したためだ。フォアグラなどの1~9月の輸入量は前年同期比2~5割少ない。空輸する食材は運賃高で単価も上がっている。消費刺激策「Go To キャンペーン」で需要が動き始めたが、感染第3波への懸念もあり、荷動きは鈍い。

「今年上期はレストランは営業自粛し、宴会もなかったので高級食材は仕入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン