/

英国、ガソリン車販売禁止を2030年に前倒し FT報道

英国では路上で充電できる設備が増えている=ロイター

【ロンドン=佐竹実】英政府は、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を2030年から禁止する方針だ。英フィナンシャル・タイムズ(FT)が14日報じた。英国は規制目標を当初の40年から35年に前倒しする方針を2月に表明していたが、さらに早める。気候変動対策の目玉として、温暖化ガスを直接排出しない電気自動車(EV)の普及を後押しする。

EV普及に向けた規制は世界各地で進んでおり、米カリフォルニア州は、35年までに州内で販売される全新車を排ガスを出さない「ゼロエミッション車」にするよう義務づける方針だ。独フォルクスワーゲン(VW)などもEVの生産に力を入れており、EV化が急速に進む可能性がある。

英国は温暖化ガス排出量を50年までに実質ゼロにする目標を法律に明記した。日本も10月、同様の目標を表明している。英国は、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を北部グラスゴーで開催することもあり、温暖化対策に力を入れていた。首都ロンドンでは、充電設備が急速に増えている。

ただEVの普及率は価格面などから依然低く、実現にはハードルもある。英自動車工業会(SMMT)の調査ではドライバーの44%が35年までにEVを購入する準備ができていないと答えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン