/

この記事は会員限定です

スバル、米に基幹部品工場 供給網を見直し

[有料会員限定]

SUBARU(スバル)は米国に自動車の基幹部品である変速機(トランスミッション)の工場を新設する。2023年夏に稼働し、米国向け乗用車に組み込む。販売が好調な米国での生産体制を強化する。コロナ禍で部品供給が滞ったことを踏まえ、有事に生産が途切れないようにする。

スバルの海外販売は年100万台規模で、米国が約7割を占める。中西部インディアナ州に完成車工場があり、変速機は日本から輸出している。

約160億円を投じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン