/

拉致43年「本気になって」 横田早紀江さん、県民集会で

北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(失踪当時13)が1977年に消息を絶ってから43年となった15日、「忘れるな拉致 県民集会」(新潟日報社など主催)が、新潟市で開かれた。

「忘れるな拉致 県民集会」に寄せられた横田早紀江さんのビデオメッセージ(15日午後、新潟市)=共同

ビデオメッセージを寄せた母、早紀江さん(84)は、今年6月に87歳で亡くなった夫、滋さんの思いも酌み「娘を取り戻さなければという思いで会えるまで頑張ると言っており、夫には非常に悔いが残ることだった。(政府には)心を合わせて本気になって実行力を行使してほしい」と訴えた。

約200人が参加した会場では、滋さんに黙とうがささげられ、活動を振り返る写真が映写された。めぐみさんの弟、哲也さん(52)は「姉に自由を享受してほしい。父が果たせなかった意思を受け継ぐことが私の使命」と決意を語った。

拉致被害者の曽我ひとみさん(61)も登壇。78年に新潟県佐渡市で曽我さんと一緒に拉致された母、ミヨシさん(失踪当時46)について「毎日どうして暮らしているのだろうと考えただけでせつない。新政権にはこれまで以上に力を貸してほしい」と呼び掛けた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン