/

この記事は会員限定です

夢の月面着陸へ、人材発掘を強化 宇宙飛行士を来秋募集

[有料会員限定]

文部科学省による13年ぶりの宇宙飛行士の新規選抜に注目が集まっている。日本人初の月面着陸の可能性が人々の夢を呼び覚まし、募集約1年前の告知は希望者に準備の時間を与える。野口聡一さん(55)が3度目となる宇宙への旅立ちを控えるなか、企業とも手を携えた人材発掘の取り組みが動き出した。

日本政府は米国主導の有人月探査「アルテミス計画」への参加を決めており、2020年代後半にも日本人が初めて月に降り立つ可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン