/

首相、コロナ状況報告で面会 内閣官房参与と

菅義偉首相は15日、首相官邸で、感染症対策を担当する岡部信彦内閣官房参与と会い、新型コロナウイルスの感染状況について報告を受けた。岡部氏は面会後、記者団に「人が動けば感染が増えるのは覚悟しないといけない」と述べた。

「重症者が増えたら困る」とも語り、軽症者が重症化しやすい高齢者らにうつさないようにする対応が大事だと強調した。岡部氏は川崎市健康安全研究所長で、政府の新型コロナ感染症対策分科会の委員も務める。

国の観光支援事業「Go To トラベル」に関し「皆さんに注意しながらやっていただくのが重要だ」と指摘した。感染拡大地域を対象から除外するといった具体的な話もなかったという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン