/

琴奨菊、現役引退を発表 「自分を信じて頑張った」

日本相撲協会は15日、元大関で西十両3枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=の現役引退と年寄「秀ノ山」の襲名を発表した。今後は佐渡ケ嶽部屋付きの親方として後進の指導に当たる。オンラインで記者会見した秀ノ山親方は「まだできるなら相撲が取りたいというのが本音」と言いつつ、19年間の力士人生で誇れるものは「大相撲の歴史の中でいろんなもの(記録)を残せたことと、最後まで自分を信じて頑張ってきたこと」と、すがすがしい表情で語った。

引退を発表し年寄「秀ノ山」を襲名した琴奨菊=共同

現役最後の一番となった6日目の千代ノ皇戦は「勝っても負けてもこの一番で終わろう」と決め、妻と息子を国技館に呼んだという。「どうしても体がいうことを聞かなかった。長く相撲を取ることを目標にしていたのではなく、自分を追求した結果、長くなった。自分の相撲を取れないと感じたので、ここで終わりにしようと決めた」と決断の理由を述べた。

師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は「負けず嫌いなところがあった。特にライバルには負けないというすごさがあった」とたたえる。本人は長くしのぎを削った2人の力士への思いを語り、同じ二所ノ関一門だった稀勢の里(現荒磯親方)については、連合稽古で「三番稽古を誰よりも熱くしたことが一番の思い出。無我夢中で食らいついた」と懐かしむ。幼少期から知る同学年の豊ノ島(現井筒親方)には「どんなときも意識して、(番付で)半枚でも上にいこうという気持ちで頑張っていた」と振り返った。

今後は部屋付き親方として、琴勝峰や琴ノ若ら部屋の若手に自身の経験を伝えていくことになる。「壁にぶつかり、壁の先を知らずに苦しむ子がたくさんいる。自分が勇気を与えて、その先の光景を見せられるような指導をしていきたい」と抱負を述べた。

高知・明徳義塾高出身の琴奨菊は2002年初場所で初土俵を踏み、05年初場所で新入幕。11年秋場所後に大関に昇進し、17年初場所まで32場所務めた。幕内連続在位91場所は史上4位、幕内通算718勝は同6位。殊勲賞3回、技能賞4回。大関陥落後に金星3個を挙げた。通算成績は828勝676敗42休。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン