/

この記事は会員限定です

RCEP署名へ、対中韓貿易に弾み ルールに甘さも

[有料会員限定]

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は中韓両国に輸出する工業品の8~9割で関税が撤廃される見込みとなった。中国を巻き込んだ自由貿易の枠組みは日本にとって初めてで、日本企業の輸出拡大につながる。一方でRCEPは参加国の合意を優先し、データ流通などのルールづくりでは甘さが目立つ面もある。

日本は環太平洋経済連携協定(TPP)、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)など大型の協定を相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン