/

この記事は会員限定です

航空機部材の燃費1割向上 川重やIHI、環境規制備え

[有料会員限定]

川崎重工業やIHI、東レなどが航空機の燃費効率を1割高める次世代技術の開発で連携する。炭素繊維やセラミック素材を使い、小型機をより強く、軽くする加工技術などを2024年度までに確立する。世界的な環境意識の高まりで燃費の良い小型機への転換が一段と進む見通し。コロナ後の航空機需要回復を見据えて各社は収益環境が厳しい中で、次世代技術の開発に布石を打つ。

川重やIHI、東レのほか新明和工業ジャムコなど複数の国内企業が新エネルギー・産業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン