/

この記事は会員限定です

パナソニック、デジタル対応急務 売上高30年前と同水準

岐路に立つパナソニック(上)

[有料会員限定]

パナソニックは2021年6月、楠見雄規常務執行役員(55)が昇格し9年ぶりに社長交代する。12年6月に就任した津賀一宏社長(64)は古いパナソニックから決別を宣言したが、構造改革に終わりが見えない。世界で競争力を持つ製品・サービスが限られる中、業績を支えるのは伝統的な国内の家電ビジネスなどだ。デジタル時代の競争を勝ち抜くには、事業を絞り込むと同時に内向きな企業風土を克服することが欠かせない。

「も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン